<< 臨床基本ゼミ最終回 | main |
川越市の歯科・歯医者 関口歯科

Proceed to the next stage.

休診日の木曜日、下高井戸にあるデンタルみつはしにて顕微鏡歯科学会副会長である三橋純先生のプライベートコースを受講してきました。

精密治療を行うためマイクロスコープを臨床導入して7年以上になりますが、まだ自分の中で完璧に使いこなせていない部分が残っていました。

その足りないところを埋めるため、スタッフと一緒に丸一日トレーニングを積んできました。

 

柄がついた小さなミラーは歯科治療では必須アイテムです。

ミラーを使いこなせないと、狭く暗く多くの死角がある口腔内を上手に治療出来ません。

しかし鏡を使うと、上の歯は奥行きが逆になり、下の歯は奥行きと上下が逆になります。

下の歯を鏡越しに治療するのはとても難しいのです。簡単に言えば手が反対に動いてしまうので、治療になりません。

しかもそれを顕微鏡を覗きながら行うことは極めて難しいことになります。

多分、それを出来る歯科医師は全体の1%以下だと思います。

その壁を乗り越えるため、数ヶ月前からお箸の持ち方を変え、毎日鏡越しに文字を書き、物を動かすトレーニングをしてきました。

そして先日三橋先生にその技術を教えていただき、大きな壁を越える第一歩を踏み出すことが出来ました。

 

歯科医師として残された時間はどの位あるか分かりませんが、もっと上手くなりたいという気持ちは忘れないでいたいと思います。

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座